妊活中は特別、ストレス解消に努めることが重要です。な

妊活中は特別、ストレス解消に努めることが重要です。なので、入浴によるリフレッシュはいいことなのですが、あまり負荷をかけない方がいいという点では熱い湯や長風呂は控えてください。

熱というものは、実は体に負担をかけてしまうのです。

妊活と言えば、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、夫婦の場合は妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。そういうことで、男性の妊活として日々の食生活の見直しについて説明していきます。


妊活中の男性が摂るべき栄養素として、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、妊活の成功率をよりアップさせましょう。

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのはずいぶん知られるようになりましたが、実際は妊娠の全期間にわたって葉酸は母子ともにとても大事な栄養素なのです。妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、母体の貧血や妊娠中毒症のリスクも下がります。


無事に妊娠初期を乗り切った後も、出産後、授乳が終わるまで葉酸を継続して摂っていくべきです。妊娠して、葉酸をたくさん摂らなければと思っている方が多いのではないでしょうか。
頭に入れておいて欲しいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。名前が「葉」の「酸」なので、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。便秘予防効果もあるそうで、それも良かったと思います。


 女性は妊娠前も妊娠している間もなるべく、体に悪い影響をもたらすものを避ける必要があります。そういう観点から、たばこを吸わないよう心掛けましょう。
リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、体にとっては有害です。習慣的にタバコを吸う方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。


妊活とは何ぞや、というと、言葉そのままの意味で、妊娠をするために行われる、いろいろな活動全般をひっくるめて表現する言葉です。性交をしさえすれば、必ずしも妊娠できるということではありませんので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって妊娠しやすくするための活動だということができるでしょう。

それと同時に、元気な赤ちゃんを産むためにするいろいろな対策のことも含んで使われます。



妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。

初めは静観していましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」とあっさり言われました。そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思って自分も葉酸のサプリメントを飲み始めました。
何が大きく変わったと言うこともありませんが、強いて言えば飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。妊娠に気づくのが遅かったなどで、後から葉酸が不足気味だったと知った場合、決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。


子供がすこやかに発育し、生まれてこれるように葉酸が常に欠かせません。
所要量の葉酸が摂れておらず、葉酸の不足を自覚したら、気がついたら早急に葉酸の所要量の確保をめざし、自分にできることを考え、それを実行していきましょう。


典型的な水溶性ビタミンである葉酸は、すぐ水に溶け出してしまいます。
一時的に過剰摂取になったとしても体内に十分吸収される前に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと念頭に置いておいてください。葉酸の所要量を摂取できるように、毎日食材を組み合わせていくのはけっこう大変です。強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく身体の中で働くようにしていきましょう。サプリメントで葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、無事に妊娠初期を過ぎた頃にカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、牛乳を毎日大量に飲んだのです。
今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていてお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ鉄剤のお世話になりましたが、それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。