自明のことですが、妊娠や出産は、旦那さ

自明のことですが、妊娠や出産は、旦那さんと奥さんの頑張りの結果であると言えます。


それはどういう事かといいますと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。

子供を産むのは女性だからといって、ともすると妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、男性の頑張りが足りなければ赤ちゃんを授かる可能性は低くなってしまうでしょう。2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希望して3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、この際だからしっかりと調べてもらって、異常がなければ妊活をスタートしようと夫婦の間で話し合ったのですが、思い返してみると、この話し合いが私の妊活の始まりでした。最も妊活で重要なのは基礎体温を測るということです。



基礎体温を測っていれば、自分の身体の状態がどうであるか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど重要なことがわかるのです。ちなみに言うと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。



生食だけでなく、料理の素材としても使われる独特のクリーミーな食感を持ったアボカドは、ビタミンB群の一つ、葉酸が多く含まれる食材です。



人体を維持するために、葉酸が大事な役割を果たすものです。
鉄分とともに貧血防止に役立つ、また赤ちゃんがお腹にいるときは効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、どんな人にも大事な栄養素だと言えます。

妊活と言えば、実際に妊娠する女性ががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、夫婦において、妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。そういうことで、男性の妊活として食事の改善について考えてみます。男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。こういった栄養素を毎日食べるようにして、さらに妊活の効果を上げていきましょう。

妊娠がわかったその時には、葉酸を意識して摂らなければなりません。十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の発育もある程度助けられますし、母体の健康を維持するためにも大事な栄養素だと言えます。普通の食生活では、所要量の葉酸は毎日きちんと摂ることが難しいものです。

毎日安定した量の葉酸を摂るためにサプリメントなども活用しましょう。妊活時はひときわ、色々と気を使わなければなりません。
たとえば、風邪薬を飲むのは一体どうなのかというと、さほど目立って影響するということはないと言っていいでしょう。そうはいっても、わずかでも妊娠に悪影響が及んでしまったらいけないと考え出すと止められない場合は、服用をしても大丈夫かどうか、お医者さんとよく相談した方がいいと思います。妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、心身ともにダメージを受けやすい状態にあります。



妊活も長くなってくるとうつの症状が発現し始めることもあります。



妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。

実際に不妊治療を中断して過度にかかっていたストレスが消えてすぐ妊娠できたという場合も多いです。

逆に妊活を行うことが重荷にならないよう大事なことはストレスを上手く解消しつつ続けることです。

効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、錠剤やサプリメントを活用して毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。


そして、妊産婦や授乳中の女性などでより多くの葉酸摂取が必要なのに摂取できる葉酸の量が、食事だけでは不十分なときや、簡単に改善されない貧血を治療するため、鉄分補給と併用される手段として注射して投与することもありえます。近頃は多くの方が知っていることですが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。
赤ちゃんは生後間もない時期に、活発に細胞分裂を行いながら人としての発達を遂げるのです。



いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。



一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、自分のためだけでなく、赤ちゃんの分もお母さんが摂取しなくてはならないので、妊娠前から授乳が終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。