たくさんの女性が「自分のことを冷え性

たくさんの女性が「自分のことを冷え性だと感じている」というデータがあります。冷えは妊活には禁物で、この様な冷えから体を守ることも、妊活において最も重要なことの一つです。
そこで、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。



これらは冷えの解消に効果があります。事実、これらの使用により妊娠することが出来たという声もあり、簡便な方法であるにもかかわらず効果もある妊活だと言ってよいと思います。神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためにはビタミンB群である葉酸の効果が認められています。
女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを近年は厚生労働省も推奨しているのです。葉酸の性質から考えてもごく当たり前の食事をとっている限り妊娠している女性の所要量は満たせません。



サプリなどを補助的に使って、妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは摂れるようにしていきましょう。
最近、だいぶ浸透してきた話ですが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい盛んに細胞分裂を進めながら人としての発達を遂げるのです。
その過程でたくさんの葉酸が必要になります。

加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリで葉酸を摂るようになったのです。飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院では妊娠判定の席で言われたのですが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは最後まで何も言われなかったのです。



私の場合、1袋飲んだ後でサプリメントを飲むのは止めました。しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったので葉酸サプリをまた飲むようになったのです。

妊娠している全ての女性が順調に赤ちゃんが育つようにするためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。



「葉」の「酸」なので、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、供給源として重要なのが果物で、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。


葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないためどんな食材に多く含まれているかを知って、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。
とりわけ妊娠中の女性ならば葉酸は非常に重要な栄養素と言えます。

葉酸という名の通り、葉物を中心とした緑黄色野菜に含まれることが多く、主な供給源としては枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。

そして、ほうれん草ならば、葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含む食材として有名なので野菜の中でも、おすすめできるものです。当然ですけど、妊娠または出産とは、夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。それはどういう事かといいますと、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。

男性は出産できませんから、一歩間違うと女の人の活動だと考えられることが多いですが、夫の協力が得られなければ、妊娠出来る確率が下がってしまいます。
葉酸の所要量は、妊娠中の女性の場合、妊娠していないときより多めとなり、480μg、妊娠前の約2倍の量を摂れば最もよいといわれています。



しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の過剰摂取にならないよう気をつけましょう。



大量の葉酸を摂り続けると身体症状である発熱やかゆみなどを起こす危険もあるとされるので、サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。妊娠しやすくなるために、大事なことは質の良い睡眠をとるということです。
ヒトは睡眠不足が続いてしまうと活性酸素が増えてしまい、その結果、卵子や精子の酸化が進んで、劣化します。年齢と共に衰退していく性機能の低下を食い止めるためにも現在、妊活を行っている人は、しっかりと睡眠をとりましょう。

熱に弱いという特長がある葉酸は、食事だけで所要量を確保しようと思うと大変ですから、サプリメントなどで補っていった方が賢明です。葉酸サプリを購入するときは加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることがなんといっても大事でしょう。
体を作る成分になるので、原料が天然のものに由来していることや、添加物が必要最小限にとどめられていることという安全面もよくチェックしてください。