お子さんをほしがっているご夫婦

お子さんをほしがっているご夫婦に、注目される栄養素の一つが葉酸です。葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。赤血球を作るのに役立つだけでなく、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのには葉酸が必要不可欠のため、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。

加えて、葉酸は子宮内膜を厚くするために必要で、子宮内膜が厚いほど受精卵がしっかり守られ、着床から妊娠成立まで進みやすくなるのです。

最近のことですが、手軽に妊活に役立つ方法としてお灸が注目されつつあります。

鍼灸療法は伝統的な方法で、体内から妊娠しやすい体づくりが出来るという事だけでなく副作用を持たないという点もいいですね。
妊活に有効というツボも多く、家庭で出来るお灸も売られているので、簡単に取り入れられるようになりました。

どうぞ試してみてください!食事から葉酸を摂ることにこだわる必要はなく、サプリや強化食品、錠剤などを使って毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。



それから、妊婦さんや母乳を飲ませているお母さんなど通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず葉酸の摂取量が、食物だけではなかなか必要な分だけ摂れないとき、または鉄分の補給だけでは治らない貧血の治療で大量の鉄分補給と並行して筋肉注射で補う場合もあります。妊娠中に欠かせない葉酸は、葉物野菜の他、ゴーヤーにも多く含まれているのはご存じでしょうか。

葉酸だけでなく、他の栄養素も豊富なのでゴーヤーを献立に取り入れるのは良いとされますが、どんなに食べても良いというわけではないのです。
どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると胃もたれや下痢と言った身体の不調が出てくることもあるようです。

そのような辛い症状は母体だけでなく胎児にも良いことではありません。妊活をしている時は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。大根やゴボウ、人参のような土に埋まっている野菜には積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。一方、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど旬となる時期が主に夏の野菜です。



果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもスムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすので温かい飲み物がよいと思います。
いろいろと辛いことも多いので、妊活をしている間は、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。
妊活も長くなってくるとうつ状態になってしまう場合もあります。

ストレスを失くすことが妊娠の成立にとって最も重要でしょう。不妊治療をしなくなったら、過度にかかっていたストレスが消えて間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。逆に妊活を行うことが重荷にならないよう意識的にストレスを解消しながら続けましょう。

体温を上昇させることや代謝を活発化させることで、体の妊娠の可能性が高くなります。

日常的に運動をしない妊活中の女性は可能な限り運動をするようにしましょう。

大変な運動でなくて構いませんので、ストレッチだったりヨガだったり、ゆっくりとした動きのものに効果があります。


今日では妊活に特化したヨガを行っているコースが設けられているスタジオもあり、関心が寄せられています。

葉酸の含有量が多い食材としては葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますがいくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、葉酸を多く含む食材にこだわるというのは長続きしそうにない話です。誰にでもできる葉酸の摂取方法として、手軽なスムージーも良いでしょう。
ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に飲みやすくするための果物、水分を入れれば水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず他の栄養素とともに血行を促進することが従来から挙げられています。末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛、肩こり、冷え性、不妊なども血液循環が原因とされているので、そのような症状に思い当たるところがあれば意識して葉酸を多く摂るようにすると改善されることもあるようです。
同時にビタミンEを多めに摂ることで、血行改善の効果はさらに高くなります。

データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。
妊活中の冷えは厳禁で、体を冷えないようにすることも、妊活において最も重要なことの一つです。


ということで、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。
これらを使ったことで赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと言うことが出来るでしょう。