妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとして

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が意外に多いようです。頭に入れておいて欲しいのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。
葉酸という名から考えても、確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くドクターにもおすすめだと言われて、よく食べました。食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。



胎児が母体内ですこやかに育っていくために、葉酸は所要量を毎日摂取したいビタミンだということが定着してきましたが、ビタミンB群の特長として、熱分解されやすいので、食材から所要量を全て摂ろうとすると毎日のことですから、けっこう大変でしょう。


葉酸をどうやったら効率よく摂れるか、調理方法を知っておけば役に立ちますし、補充のためにサプリメントなどを活用することも一度は検討するべきです。赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠の仕組みについてよく理解したうえでまた出来うるだけのコントロールを行っていくものであるということもできます。また、何よりも重要なのは、ズバリ栄養であるということは分かるでしょう。
そうは言っても、必要な栄養を完璧に摂るということはなかなかできるものではありません。そこで有用なものといえば、サプリメントです。



最近は目的を妊娠に絞り込んだ、妊活サプリなるものも登場しました。


私の考えでは妊活中の方にとってカイロを使うことはかなり有効だと思います。2足重ねて靴下を履いたり、分厚い下着を身に着けたりと工夫しても、冷え性の私の場合、すぐに体の末端から冷えてしまうものでした。これでは妊娠しにくいのも当たり前ですよね。けれど、カイロ使いにより、冷えが緩和したのです。

皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、衣類の上から貼って使っていれば、妊活にも有効なはずです。

妊娠中の女性にとって重要な栄養素の葉酸が、ゴーヤーには豊富に含まれています。葉酸摂取のために、妊婦が旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、一度に大量に食べるのも考え物です。



どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると食後の胃もたれや下痢が起きることもあります。



そうした消化器系の不調は結果的には胎児にも良くないのです。

普段から気をつけていたとしても、妊活を行っている時は普段以上に色々と配慮が必要です。風邪薬の服用について言うと、、さほど大きな影響をおよぼすということはないです。
そうはいっても、ちょっとでも子供を授かることに悪影響が出てしまったらどうしようと気に病む時は、服用をしても大丈夫かどうか、お医者さんとよく相談した方がいいと思います。
子供が少ない家庭が増加して男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。ですが、今の日本の医学において確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。


そういった現状を分かった上でそうは言ってもやはりチャレンジしたいのならば、次に書く方法を試してみてください。それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、性交渉を行えば有効なようです。
妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。そんな時には、よく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。


これは第一に、体にいいということが言えます。

挙げられるものとしては、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。加えて、ストレスを緩和させる作用もあります。妊活している時はストレスを溜めないのが一番ですが、それを発散する効果があるそうです。

どうして貧血になるかというと鉄分の不足によるものだと思う方が多いかもしれませんが、実は、貧血の原因は多様で鉄分の摂取不足のみが貧血を引き起こすとは言えません。良質の赤血球を作るためには、鉄分だけでなく葉酸も欠かせないので鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は葉酸の摂取も試してみると良質の赤血球が増えてくる可能性もあります。

妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。
妊娠中期にさしかかってからカルシウムも摂取しなければと思って牛乳を毎日大量に飲んだのです。


急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて激しい下痢になってしまいました。

妊娠後期には、今度は貧血と診断されて鉄分を摂るために薬を飲みましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるような葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。