妊活をしている最中は、カフェイン

妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにハーブティーで代用という方が多いです。



その一つの理由は、体にいいということが言えます。
代表的なものを挙げると、冷え性、または生理不順を改善させることです。また、リラックス効果を得ることにも役立ちます。

妊活している間は特にストレスを溜めてしまわないよう注意しなければならないのですが、それを解消してくれるのです。妊活とは何ぞや、というと、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。
自明のことですが、性交することで必ず妊娠が成立するということはなく、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠しやすくするための活動だということができるでしょう。

加えて、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われる数々の方法も含まれます。妊娠中の女性がしっかり摂らなければならない栄養素が葉酸ですが、やみくもに多く摂れば良いというものではなく、過剰摂取すると全身にわたる副作用が起きることもあります。
吐き気や食欲不振、じんましんなどその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますがくれぐれも過剰摂取にならないようにしてそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量を大幅に超えないようにしましょう。葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」とあっさり言われました。男性にもきっと良い効果があるのではないかとこっそりサプリメントを飲み始めました。

劇的な変化はありませんが、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。葉酸はビタミンB群で、水溶性であり空腹時に最も吸収されやすいため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食間だというべきでしょう。できれば、所要量を一度に摂るのではなく数回に配分して摂った方がより効果があることが実証されています。



身体の中で一番効くのはいつかというと、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。



一般的に、妊活中にコーヒーを飲むことは好ましくないとされています。



体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、冷えが厳禁の妊活においては止めておいた方が良いのは間違いありません。とはいえ、普段からコーヒーを愛飲していて我慢できないという人も居ると思います。そんな場合は出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、2、3杯を目安に飲んだ方が健康的だと言えます。

妊活の結果が長らく出なければ、心も体もすり減ってきます。ストレスは生殖機能に悪影響でそのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。それ故、いっそのこと妊活を休止する決断をすべきかもしれません。



実際に、休んでみたら妊娠できたという例はよく耳にします。



ご自身の年齢や、医師と相談の上、一時的に休んでみることもいいかもしれません。

葉酸を妊娠初期に摂ると、胎児の発育に良いと、広く知られていますね。しかし、本当は妊娠1ヶ月前から継続して葉酸を多めに摂った方が良いということを知っていましたか?ですから、妊活を始めようとしたときが意識して毎日葉酸を摂り始めたいタイミングなのです。妊娠に向けてがんばりたい、と思うならどのくらい葉酸が摂れているか、生活を見直してみませんか。子供を授かるために妊活に努める方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。


例を挙げると、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。こちらで販売されているお守りは、妊活中の気分をリラックスさせ安心することができるでしょう。



その他、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、雑誌やインターネットのサイトでサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが胎児がすこやかに発育するのには最も良いとあちこちに書かれていたので、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。
妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、過剰摂取だけ気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。